明豊高校野球部2017年夏の甲子園

明豊高校野球部は大分県下の強豪校でプロ野球選手を多く輩出している名門校でもあります。

過去には現西武・菊池雄星投手の花巻東高校を相手に接戦を演じた自力の高さも感じさせてくれますね!

2017年の今年も見事に甲子園出場を果たし強豪校の名に恥じない活躍を見せてくれています。

今回はそんな明豊高校野球部についてご紹介させていただきましょう!

夏の甲子園 結果 ( 2017年成績 )

 回戦・対戦校
二回戦 坂井(福井) 7-6
三回戦 神村学園(鹿児島) (延長12回)9-8
準々決勝 天理(奈良)
スポンサーリンク
アドバンク大

明豊高校の実績は?

明豊高校(大分)

全国大会の戦績 -明豊高(大分県)2年ぶり6回目の出場

大会 出場回数 勝敗 優勝 準優勝 ベスト4
春の選抜 2回 1勝2敗 0 0 0
夏の選手権 5回 7勝5敗 0 0 0
甲子園通算 7回 8勝7敗 0 0 0

明豊高校の実績は、春の選抜、夏の甲子園含めての今回で8回目の甲子園出場。

2001年に夏の甲子園で初出場、全国ベスト8まで進んでいます。

2009年にも夏ベスト8。

確かな実績を誇る一方、2009年以降は3回戦以上突破できていない現状です。

昨年は大分予選・準々決勝で敗れ、甲子園出場が叶わず今回は2年ぶりの夏の甲子園出場となります。

今年はこれまでの守り中心の野球から打撃中心へとチームカラーを一変させ、予選では決勝を除くすべての試合をコールドで制しました。

決勝も7-0の完封勝利と圧倒的な強さで優勝、夏の甲子園出場を決めました。

大分予選の戦い ( 2017年 )

明豊高校(大分)

中津南高戦 ( 準々決勝 )

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 中津南 1 0 0 0 0  0 0 1
○ 明豊 0 4 3 1 0 2 x 10

大分舞鶴高戦 ( 準決勝 )

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 大分舞鶴 0 0 0 3 0 0 3
○ 明豊 3 0 2 3 1 4x 13

大分商戦 ( 決勝 )

明豊高校(大分)

準々決勝 1 2 3 4 5 6 7 8 9
● 大分商 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
○ 明豊 0 0 2 0 0 3 0 2 x 7

明豊高校(大分)

選手権大分県大会 ( 2017年成績:優勝 )

回戦・対戦校
二回戦 大分鶴崎 (7回コールド)11-2
三回戦 佐伯鶴城 (5回コールド)12-1
準々決勝 中津南 (7回コールド)10-1
準決勝 大分舞鶴 (6回コールド)13-3
決勝 大分商 7-0

チームカラーが変わったと言ってもかつての守備力は健在。

打撃力、守備力共に向上しています。

総合力では去年に比べ、数段レベルアップしているのは間違いありません。

明豊高校(大分)

明豊高校の注目選手は?

明豊高校の注目選手は強打者・杉園大樹選手です。

大分No.1と評される打力は、高校通算50発を誇ります。

大分県大会の5試合で、4本塁打、8打点、打率.353をマーク。

高校生ドラフト指名は伸び代も考慮されますから、和製大砲が少ない日本球界においては指名があってもおかしくない逸材です。

杉園大樹(すぎぞの だいき)3年 – 明豊:176cm79kg 右右 一塁手

杉園大樹(明豊)

まとめ

甲子園出場は果たしているものの、ここ数年は今一つの成績なだけに今年にかかる期待も大きくなるところです。

総合的なレベルアップを果たしていることやプロを狙える逸材を擁している今季なら、甲子園でも十分通用するだけの力はあると見ています。

予選で見せた圧倒的な力がそのまま通用する場所でないのも確かなことですが、それでも全国で戦えるだけの戦力は備わったと見ていいと思います。

スポンサーリンク
アドバンク大
アドバンク大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク